投資初心者に『会社四季報プロ500』をオススメする5つの理由

資産運用

どうもばてぃです。

みなさん会社四季報読んでますか?

会社四季報は上場企業の業績やいろんな情報が書かれていて、3ヵ月毎に発売されます。(3月、6月、9月、12月)

投資している人なら名前くらいは聞いたことがあると思います。本屋にある分厚いアレです。

わたくしも投資を始めたばかりのころは、とりあえず四季報とやらでも読んでみるか!と本屋で手に取ってみましたが、まったく内容が頭に入ってきませんでした😂

本の厚さ5センチくらいあるし、死ぬほど文字多いし、内容も難しいし、今でも読める気がしません。。

ただその横にあった『会社四季報 プロ厳選の500銘柄』は初心者のわたくしでも非常に読みやすかったんです。

“四季報プロ500”も四季報と同じ日に発売されるんですが、雑誌形式になっていて普通の四季報より見やすいんです。

ということで今日は、投資初心者に“四季報プロ500”をオススメする理由を解説します。

①とにかく分かりやすい

もうこれに尽きます。チャートはもちろん、グラフや写真も使われていて、視覚的にとても見やすいです。まるでポケモン図鑑を見てるような気分です😊

初心者のうちはそれでも分からないことが多いと思いますが、いろんな銘柄を見たり、比較しているうちに相場感が分かって内容が頭に入ってきます。

②すでにプロが厳選している

本命銘柄50社期待銘柄200社注目銘柄250社と、プロが選んだ500銘柄しか載っていないので、明らかな地雷銘柄やハズレ銘柄は載っていません。

上場企業は約4000社あるので、それを全部見るのは難しいし、中には業績ボロボロの会社や初心者が手を出すべきでない銘柄もたくさんあります。しかし、本書には基本的にそういった銘柄は含まれていない為、銘柄選定の時点で“明らかなボール球”に手を出さなくて済みます。

初心者のうちは、このストライクゾーンを判断するのが難しいと思うので、ハズレ銘柄が除外されているのは非常に助かります。

また、500社といっても一般の人は知らない会社も多く、自分の知らない会社がこんなにいっぱいあるんだーとか、名前は聞いたことあるけどこんなことやってるんだーとか、いろんなことが分かってけっこう面白いです。

③一覧性がある

本書は1ページの中に必要な情報が過不足なく入っているので、パッと見て必要な情報が入ってきます。

主要な指標をランキング形式でまとめていたり、業種別の業績も簡潔にまとめられているので、その辺りも見やすいです。

書いてある一つ一つの内容はネットで検索すれば調べることができますが、パラパラとページをめくって見たいところだけを見れるのは情報収集の時短にも繋がってうれしいですね。

④注目のテーマが分かる

雑誌の冒頭に注目テーマについてまとめられているので、これから伸びていく業種や銘柄がある程度予想することができます。

ここでは、今後の経済の動向やテーマに合った具体的な企業が書かれているので、投資をやっていない人にもオススメできます。わたくしも投資を始めてこの本を読むようになってから経済について関心を持つようになり、一般の人よりは詳しくなった気がします。

社会人として知らないよりは知っていた方がいいですからね(^^)

⑤投資家目線が分かるようになる

一つ一つの銘柄に銘柄の特性株価の見通し記者のチェックポイントが記載されているので、一般的な投資家目線の考えが分かるようになります。

最初のうちはデータだけを見てもなんのこっちゃか分からないものですが、こういったコメントとデータを見ていくうちに投資家としての考え方が徐々に身につきます。

もちろん書いてある予想がハズレることもありますが、そのうち自分でも考えるようになり、自分なりの考え方や投資パターンができてきます。

まとめ

今日は『会社四季報 プロ厳選の500銘柄』のオススメポイントをご紹介しました。

普通の四季報を買ってじっくりと読むのもいいですが、時間がない人や初心者は本書で十分ではないかと思います。ちなみに12/15に最新の22年新春号が発売されます。

created by Rinker
¥1,400 (2022/03/06 13:38:28時点 楽天市場調べ-詳細)

わたくしも早速注文しようと思います!

普段からいろんな銘柄を追いかけているわけではありませんし、最新のトレンドや経済ニュースが分かるので毎度勉強になります。

投資初心者でなくても、投資家でなくても、一見の価値はあると思うので気になった方は一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

本日は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました